密かなブームのジビエ!ジビエって何のこと?inoshishi

ジビエって何のこと?

ジビエとは、狩猟によって得られた野生の鳥や獣の肉を意味するフランス語です。

魚に養殖物と天然物があるように、動物の肉にも牛・豚・鶏のような家畜の肉と、ジビエのような天然の肉があるというわけです。

自由に野山を動き回っていた野生動物の肉ですから、身がしまり脂肪が少ないのでヘルシーですし、たんぱく質や鉄分などの栄養素も豊富です。

尚、入手しづらい種類等の理由で供給を安定させるために、一定期間飼育してから野に放ったり、野生動物を餌付けしたものもジビエに含まれています。

 

ジビエってよく食べられているの?

西洋では、古くからジビエを食材として取り入れています。

一般家庭の主婦が市場で買い求める姿が普通に見られたり、フランス料理の食材としても、よく使用されています。

でも、日本ではまだなじみがありませんね。スーパーでも見かけませんし・・・

明治時代に牛肉を食べるようになった話は有名ですね。でも狩猟で獲った動物は、もっと以前から食べられていたそうです。

私のイメージでは、地方へ旅行に行った時に出てくる料理とか、アウトドア好きな方が料理をしているシーンが浮ぶのですが・・・

 

ジビエが注目されるようになったのは何故なのでしょう。

日本では、猟師の高齢化や人数の減少で、狩猟があまり行われなくなり、野生動物が増えすぎて、様々な被害が出てきています。

シカ・イノシシ・サル等により農作物が食い荒らされ、その被害は年間約200億円にもなります。

その結果、農業を続ける意欲を失い、耕作されなくなった土地が増加しています。

林業ではシカ・カモシカ・クマ等による、樹木の食害や樹皮の剥ぎ取りの被害もあります。

漁業では、カワウの増加によるアユの食害や、トドによる漁獲物の食害や、漁具の破壊の被害が出ています。

高山植物が広範囲に食べられ、絶滅危惧種になったものもあり、観光に影響が出ているケースもあります。

 

今後、活用が期待されるジビエ

これまでは、何とか被害を食い止めようと猟で野生動物を獲っても、あまり活用されず殆どが廃棄されていました。

しかし、捕獲した野生動物をジビエとして売れるようになれば、猟師の収入源になるので、職業として参入する人が増加することが期待できます。またジビエを地域の名物として売り出し、地域振興につながる可能性も出てきます。

 

そこで、地方自治体等で、ジビエを活用する取り組みが始まりました。

ジビエとして良い肉を得る為には、適切な猟の仕方や、獲物の扱い方があります。自治体ではパンフレットを作って猟師に配布している所があります。

また、捕獲された野生動物は早く処理加工施設へ運んだほうが良いのですが、山間部から運ぶには時間がかかります。そこで、NPO法人により移動解体処理車が開発され、より良い状態のジビエを得る事が出来ると期待されています。省庁では、野生生物を安全に食べるための指針作りをしています。

 

大都市を中心に、ジビエ料理を提供する料理店が増えていますし、通信販売などでジビエを手に入れることも出来ます。需要も供給も増えていけば、価格も手ごろになりそうですね。

少しずつ、身近になってきているジビエですが、興味を持っていただけましたか?


北海道の新鮮なジビエ通販と言ったらここでしょう!
北海道えぞ鹿肉専門店 北のジビエ
実はお好み焼きよりも人気が出ちゃってるのがジビエなんです・・・
広島グルメギフト

スポンサードリンク




この記事の最上部へ

【ジビエ研究委員会】トップへ